ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

マレーシア・イスカンダル投資最新情報 Vol.3 ~ナジブ首相スピーチの考察②~

2013年11月15日

今回についても、さらに前回の続きのようになっておりますが、お付き合い下さい。


--------

先日ある新聞を読んでおりましたところ、イースタン&オリエンタル(以下「E&O」)という会社のマネージャー、チャン氏の談話が載っておりました。記事の内容と併せて見てみますと、要点は以下の通りでした。

  〇 先日の2014年予算についての発表で、住宅価格の上昇を抑えるような発表があったにも関わらず、
    思ったほどの効果は出ないかも知れない。
  〇 理由としては、賃金・原料費とも6月以降10~15%とアップしている。
  〇 短期間では影響も出るだろうが、メディニやイスカンダル計画の発展を信じている人には、
    目的が中~長期での運用なので、影響は出ないだろう。

増税・DIBS禁止(※)で全体的な住宅需要は鈍化(軟化)するだろうと考えられている中で、それでもE&Oは年末のAvira(メディニ地区の物件です)の売出しを計画通り行う予定だということです。この売出しで200軒のテラスハウス販売を予定している第1フェーズ(計3フェーズ)では2,000の登録が既にされていて、価格は最低でも100万RMだということです。チャン氏は現在においても土地付き物件はマーケットにとっては優良案件だ、と話していました。

  ※DIBS…完成前物件の購入に際し、物件が完成するまでの金利をディベロッパーが負担するスキームのこと。
      この記事では、来年の1月1日からの禁止、と表現されていました。


別の日の記事においても、以下の記述を発見しました。 この記事は、あるメディニ企業への投資の話で、メディニ地区を開発するディベロッパーには特徴的な利点があるというものです。内容は以下に箇条書きします。

  〇 外国人の購入最低金額の規制がない。
  〇 プロジェクト内に占める外国人の所有物件数の割合の制限がない。
  〇 ディベロッパー自体も法人税に対し優遇措置がある。
  〇 地理的にも有利で、セカンドリンク(マレーシアとシンガポールを結ぶ橋の1つです)まで車で10分程度、
    メディニ地区自体も商業及びビジネスの中心街として考えられており、
    ショッピングモール・オフィス・高級住宅・病院などが建設される。

結果として、これらメディニの利点からこの企業は「投資案件として十分検討する価値のあるものである」、との結びでした。つまり、メディニのディベロッパーに投資することは「儲かるのでは」との予測が立っているということです。その理由として、「メディニの住宅価格は今後も上昇する」との予想が背景にあるから、という帰結に至ります。

とはいえ、この記事では、「短期ではなく長期の投資物件」として検討する価値がある、との話であることから、不動産投資自体も長期で考えておく方が良いかと思います。これは、上でご紹介したE&Oのチャン氏の話とも同じであり、十分に説得力があるのではないかと考えています。


--------

ここまでお読み頂くと、前回の私のコラムが、私だけの楽観的な意見だということではない、ということがおわかり頂けると思います。単純に「購入最低価格が上がった」とか、「RPGT(不動産売却益税)が上がった」ということだけで悲観的になり、投資を諦めてしまうのはいかにも勿体ないと思えます。


また新しい情報が入り次第お伝えさせて頂きます。
次回をお楽しみに。

イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
10月 営業日カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
11月 営業日カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top