ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.26 ~教育移住先としてのジョホールバル④ 移住計画をスムーズに進めるポイント~

2014年6月20日


今回は、ジョホールバルへの教育移住を決意された後の、移住計画をスムーズに進めるポイントをお伝えしたいと思います。

当社でサポートさせていただける部分も多々ございますので、ぜひ今回の記事をご参考に、 お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。





【 移住の時期を決める 】
移住の時期を決定する要因は多々あるかと思いますが、その中でも「お子様の年齢」は大きなポイントです。

<お子様が幼いうちに移住をする場合>
お子様がスクール入学前の時期に移住される場合、ローカルやインターナショナルの幼稚園などに通いながら、ゆっくりと学校選びが可能です。 現地での生活や英語環境にも慣れ親しむことができ、スクール入学の際の大きなアドバンテージにもなるでしょう。 幼い子は環境への変化にも比較的早く順応できますので、お子様のストレスも少なかったと感じられる方が多いようです。
また、スクール入学にあたっては、低学年の方が入学受け入れ枠が多い場合がほとんどで、希望のスクールへ入学できる可能性も高くなるでしょう。

<日本での教育を経験後に移住をする場合>
お子様の母国語である日本語の力や、日本語で考える力をある程度養ってから海外に出たいと考えられる方も多いでしょう。 その場合、日本で英語に慣れ親しむ環境を用意する配慮が必要になってきます。 スクールによって基準は様々ですが、ある程度の年齢を超えると、入学にあたって一定の英語理解力を求められるケースがあります。 英語の補修サポートについても、用意のある学校とない学校、サポート内容も様々です。 そういった部分を考慮の上で準備を進められると、お子様の入学後のストレスも軽減され、楽しい学校生活を送れるのではないでしょうか。


【 学校を選ぶ 】

<できるだけ多くの学校を見学する>
昨今はインターネットから多くの学校情報を入手することが可能です。 各スクールのウェブサイトも充実していますし、日本に居ながら希望のスクールをある程度まで絞り込むことができるでしょう。
しかし、そこでぜひ忘れないでいただきたいのが、実際にジョホールバルで多くの学校を見学することです。 日本で情報収集された学校の「理念」や「教育方針」に加え、学校全体が醸し出す「雰囲気」、先生方の「人柄」、 そこに通う「生徒たちの表情」をしっかりと現地で感じていただきたいと思います。
そして、学校を訪れた際の「お子様の様子」をよく観察してみてください。 学校に通うのは私たち親ではなく、目の前にいるお子様だということを忘れずに、その学校がお子様の肌に合うか否かを見極めましょう。
本当の意味でお子様に合った学校選びをすることが大切です。

実際にいろいろな学校を見学され、印象が大きく変わり、希望スクールを変更される方も多々いらっしゃいます。 当社では、学校見学を含めた視察ツアーも承っておりますので、ぜひお声掛け下さい。


【 居住エリアを決める 】

<学校からの距離を配慮する>
お住まいのエリアを決められる際は、できる限り学校から近いエリアをお勧めいたします。 例えば、ヌサジャヤエリアのスクールに通う方が、シティエリア方面から毎日30分以上かけて通っていらっしゃるケースがこれまで多々ありました。 多くのスクールはスクールバスを運行しておりますが、お子様の負担はやはり大きいものです。
また、車で30分と言っても、ジョホールバルのでは日本よりも高速で走っていますので、距離的にはかなり遠いことも。 お子様の急な病気や、予期せぬ災害などが起こった際のことも考慮し、ぜひ学校から近距離のお住まいを選んでいただきたいと思います。
これまで賃貸物件の少なかったヌサジャヤエリアも、近ごろはご紹介可能な物件が大変増えてまいりました。 ぜひ、学校の立地も含め、ご相談ください。

<車あり生活か?車なし生活か?>
ジョホールバルは現状完全な車社会となりますので、車の有無はエリア選定にあたり大きなポイントとなります。 車なし生活を選択された場合、徒歩圏内もしくはタクシー利用で5~10分以内に日用品を購入できる場所があるか等を配慮されるといいでしょう。 選択肢の幅は狭くなりますが、十分ご希望に添える物件がございます。


【 住居を探す 】

<戸建て住宅か?コンドミニアムか?>
教育移住をお考えの方では、まずは賃貸物件にてお住まいをお探しになる方が多いかと思います。 戸建て・コンドミニアム共にメリット・デメリットがございますが、 ご希望の生活スタイルに合わせてお決めになった上で賃貸物件探しを始められるとスムーズでしょう。
戸建て住宅は、広々とした空間でゆったりと過ごせる、自然の豊かさを感じながら生活できるなどのメリットがあるでしょう。
コンドミニアムは、コンパクトなスペースで管理がしやすく、敷地内にプールやジムを完備しているケースがほとんどですので、 利便性が高いというメリットがあります。
たとえば、母子での留学をまず試されたいという方には、コンドミニアムが便利で、セキュリティ上も安心といえるでしょう。

<物件の問い合わせ>
ジョホールバルの賃貸物件は、各部屋ごとにオーナーが異なるオーナー物件です。 各オーナーが管理委託しているエージェントも異なりますため、日本と比べ物件情報を集めるのに不便さを感じられる方も多いでしょう。
当社では、お客様とオーナー・現地エージェントの橋渡しをするサポートを行っておりますので、ぜひご希望の条件を添えてお問合せ下さいませ。 以下の項目を添えていただくと、物件のご紹介もスムーズです。

  ・戸建てor コンドミニアム
  ・エリアの希望
  ・ご予算
  ・入居希望日
  ・設備・家具付きの希望(必要な設備・家具・家電について)


<内見をする>
条件に近い物件がございましたら、ぜひ直接内見をされることをお勧めいたします。
記述の通り、ジョホールバルの賃貸物件はオーナー物件ですので、 同じ建物・同じ賃料の部屋でも内装や設備・家具の内容がオーナーにより全く異なります。 それぞれの部屋をご確認いただき、さらなる条件の交渉を行うのがベストでしょう。
当社では、ご希望の賃貸物件の内見を数件行うツアーも承っております。 また、ご都合により実際に内見をすることが難しい場合も、当社で内見を代行させていただき、ご契約を進めることも可能です。 ぜひご相談ください。

<条件交渉>
賃料・契約期間・設備・家具についての希望をしっかりと伝え、条件の交渉を行うことが大切です。
各オーナーに依るところではありますが、「○○はできないけれど、○○は付けましょう」と柔軟に対応してくれるケースも多々あります。 日本とは異なり、家具付き物件が多いからゆえの特徴と言えます。


【 契約 】
契約書へのサイン後は、契約書の内容が絶対となります。 事前にしっかりと内容を確認し、入居中や退去時のトラブルを防ぎましょう。


【 入居後の心構え 】

<設備のチェック、不具合があった場合の報告>
入居後は、しっかりと設備を確認し、不具合があった場合はすぐにエージェントに連絡をします。
初期の不具合については、オーナー負担での修繕がほとんどです。 「知らなかった」ではなく、きちんと「チェックを行う」「報告をする」を徹底しましょう。退去時のトラブルを防ぐためにも大切です。
また、エアコンのメンテナンス等が定期的に義務付けられている場合もありますので、忘れないよう注意しましょう。


【 当社サービス 】
上記の学校選びから賃貸物件ご契約までのサポートに加え、当社では「各種翻訳サービス」「各種生活に必要な手続きの代行」等も行っております。 各お客様の状況に合わせ、柔軟に対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。


イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
10月 営業日カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
11月 営業日カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top