ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.49 ~国際人材ランキング・マレーシアがアジアトップに!高まる投資意欲!~

2014年11月28日



2014年の「国際人材ランキング」において、マレーシアは60カ国・地域中5位、 アジア太平洋地域ではシンガポールを上回り、トップにランクインされました!

「国際人材ランキング」とは、スイスの有力ビジネススクールIMDの国際競争力センターが 2005年から継続的に実施している評価ランキングです。



「投資・開発」「アピール(生活費、生活水準、労働者のモチベーション等)」「レディネス(国際経験、労働者の成長率、教育制度など)」の3部門、 教育制度への公的支出や従業員教育、国際経験など23項目での評価からランク付けされています。

マレーシア政府は2020年の先進国入りという目標達成に向け、国を挙げて高度人材の育成を進めています。
2015年度予算案でも人材育成は柱となっており、
2015年に技術系人材を労働者全体の33%、2020年に50%とする目標を掲げています。
そのため、今回の「国際人材ランキング」の結果は、大変な朗報と言えるでしょう!

1~4位は、スイス、デンマーク、ドイツ、フィンランド。
アジア太平洋地域では、マレーシアに次いでシンガポールの16位、オーストラリアの19位、日本は28位。

マレーシアが特に優れていたのは「シニア・マネジャーの能力」で、全調査対象国・地域中1位。
また、「労働者の意欲」(3位)、「国際経験」(4位)、「従業員の意欲」(4位)、 「科学教育」(5位)、「熟練労働者」(6位)などでも高評価を得ています。

IMD国際競争力センターの教授は、次のようにコメントしています。
「上位にランクインした国は、
人材育成や海外からの投資を呼び込む上で、バランスのとれたアプローチをしている」

まさに、イスカンダル計画が上記コメントのアプローチにあたるのではないでしょうか。
教育のハブを作り上げる構想の下、優秀な人材と生徒たちがここイスカンダルに集まってきています。
また、企業誘致により、今後世界各国から高い技術を持った人材が集まってくることでしょう。

「国際人材ランキング」の今回の結果は、
イスカンダル計画の成果の一端としても捉えられるのではないでしょうか。
この結果を受け、さらに投資意欲が高まることも期待できるでしょう!
今後の進捗からも目が離せません!




イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
12月 営業日カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月 営業日カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top