ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.81 ~シンガポールへのシャトル列車が運行開始!増便への期待高まる!~

2015年7月18日


マレーシアのジョホール州ジョホールバルとシンガポールを結ぶ シャトル列車の運行がとうとう今月1日より始まりました!


シャトル列車は、ジョホールバルのJBセントラル駅と シンガポール北部のウッドランズ駅を約5分で結ぶもの。
ジョホール州とシンガポールを結ぶ連絡橋「コーズウェイ」の渋滞緩和を狙い、 マレーシアのマレー鉄道公社(KTMB)が開始しました。


▽~マレー鉄道が越境シャトル列車の運行開始!渋滞緩和に期待!~
http://whitebay-capital.com/column/20150620.php



連絡時間の大幅な短縮が実現し、利用者の反応は概ね好意的とのこと。
運行本数の増加を望む声も出ていると シンガポール紙ストレーツ・タイムズが伝えています。


そんな注目のシャトル列車を 当社スタッフがさっそく実際に利用してみました!



電車は4両編成で、シート数は268席、チケット販売数の上限は320枚まで。




<運賃>
JBセントラル発:5リンギ(約160円)、
ウッドランズ発:5シンガポールド ル(約450円)。


チケットは、両駅のチケットカウンターで購入できますが、 早めに売り切れてしまうことも多いようです。 実は、当社スタッフも初回はチケット完売により 乗車を予定していた列車に乗ることができませんでした。



シャトル列車の利用では、インターネットでのチケット予約が大変便利です。 ぜひご利用下さい!


▽KTMB E-Ticket
https://intranet.ktmb.com.my/e-ticket/login.aspx






<シャトル列車利用の主なメリット>
●乗車時間がたったの5分、越境での渋滞がない
●専用のCIQ利用による混雑緩和
●チケット販売数の制限により、電車内やCIQがそれほど混むことがない
●チケット予約を事前に行える
●JBセントラル駅の利便性(バス乗り場より近く、歩く距離が少ない)



現状は試験的な運行とも考えられていますが、 1日7往復のみという本数の少なさが問題と言えるでしょう。
運行本数増加の要望を受け、今後さらに利便性が増すことが期待されます!



【 お役立ちメモ 〜シンガポール側でのバス利用〜 】


<MRT Woodlands駅 → トレインチェックポイント>
 856、903、911、913番
<MRT Marsiling駅 → トレインチェックポイント>
 856番
<トレインチェックポイント → MRT Woodlands駅>
 178, 903, 911, 913, 950番



イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
10月 営業日カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
11月 営業日カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top