ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.91 ~PTP貨物取扱量で記録更新!ヌサジャヤが更なるアジア物流のハブに!~

2015年9月26日


ジョホール州のタンジュンプルパス港(PTP)の単月でのコンテナ取扱量が、この8月に、80万TEU以上となり、記録を更新しました!
(※TEU=20 フィートコンテナ1個分)


タンジュン・プルパス港(PTP)は、マレーシア・ジョホール州の南西に位置し、ビジネスの中心であるセントラルエリアまで車で30分、対岸のシンガポールまでは1時間という立地の良さからASEAN域内の物流ハブとして発展を遂げてきました。
東南アジアではシンガポール港に次いで2位、単独港としてはマレーシア最大規模を誇っています!


20フィートコンテナの輸出コストは、PTPが世界一安いと言われており、また、このPTP内には「自由貿易区域(フリーゾーン)」が設けられているということも大きな魅力のひとつと言えるでしょう。


▽タンジュン・プルパス港(PTP)の歴史について
http://whitebay-capital.com/column/20140509.php


▽PTP・アジア物流のハブ化への流れ
http://whitebay-capital.com/column/20150313.php


PTPは、現状のコンテナ取扱量ペースを維持すれば、今年通年の目標量920万TEUに到達できると見込まれています。


今年1~8月の取扱量は、前年同期比で8.9%増加しており、昨年通年の取扱量は約850万TEUだったと言います。


PTPのグレン・ヒルトン最高経営責任者(CEO)は、記録更新の背景には「コンテナ取り扱い作業の生産性向上と効率化がある」と説明。
既存顧客との関係強化とともに新規顧客の獲得を進め、さらに存在感を高めると強調しました。


なかなか日常生活の中では意識されない物流エリアではありますが、アジアの物流のハブとして進化を続けるPTPが、ヌサジャヤエリアで大きな存在感を放っていることは間違いありません!
今後の発展にも注目していきたいと思います!


イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
12月 営業日カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月 営業日カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top