ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.93 ~マレーシア、GDPで世界基準超え!先進国入りを目指し、順調な経済成長!~

2015年10月10日


マレーシアの1人当たりの国内総生産(GDP)が、初めて世界平均を超えました!


グローバル・サイエンス・アンド・イノベーション諮問評議会 (GSIAC)は、声明の中で、2014年のマレーシアの国民1人当たりのGDPが1万830米ドル(約129万6,000円)となり、世界平均1万804米ドル(約129万3,000円)を上回ったことを明らかにしました。


マレーシアは、2020年までの先進国入りを目標としています。
それに向け、マレーシアは2010年に開始した経済改革プログラムをスタート。
アジアの国々の多くが「中所得国」という状況から抜け出せずにいる中、マレーシアは高所得国家入りを実現させることができつつあるとされています。


先進国入りへの目安は、国民1人当たりのGDP=1万5,000米ドル(約179万円)と言われています。
マレーシアがこの目標を達成するためには、2015年から2020年の間に、年間平均で695米ドル(約8万3,000円)ずつ増やす必要があり、 第11次マレーシア計画(11MP)でもこの目標がはっきりと記されています。


また、アジア開発銀行(ADB)はマレーシア経済の成長見通しを4.7%と予想。
国内経済は来年にかけて緩やかに減速するとの見込みで、5%成長としていた来年の経済成長予想を4.9%へと下方修正していますが、4月に導入された物品・サービス税(GST)や、原油価格の下落、リンギット安といったマイナスの影響を受けつつも、非常に高い成長率を維持できていると評価できるのではないでしょうか。


ジョホールバルの現地でも、ここ数年で街を走る高級車の数が随分と増えたと感じますし、価格帯の高い飲食店へのローカルの客足が増えている実感もあります。
国民所得の底上げが着実に進んでいる表れとも言えるでしょう。


こうしたマレーシア経済の順調な成長ぶりには、イスカンダル計画の存在が大いに貢献していることは言うまでもありません!
来年より企業誘致に本格的に取り組み始めるイスカンダル計画、これにより、さらにマレーシア経済の勢いも活性化されることを期待したいですね!


イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
8月 営業日カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
9月 営業日カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top