ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.114 ~人工島開発「フォレスト・シティ」本格始動!新たな税制優遇導入!~

2016年03月12日
人工島開発「フォレスト・シティ」本格始動!新たな税制優遇導入で経済効果に期待!


ジョホール海峡に人工島を開発する「フォレスト・シティ」事業にて3月6日、グランド・オープニング式典が行われ、事業が正式に始動しました!


フォレスト・シティ」は、マレーシア・シンガポール間を結ぶ連絡橋「セカンドリンク」近くに4つの人工島を造成するという大型プロジェクトです。


4島を合わせた面積は東京ドーム約300個分に相当する約14平方キロメートル。
住宅や商業施設、ホテル、病院、学校、国際会議場などが各島内に建設される予定です。


▽~ジョホール海峡・埋め立てプロジェクトに続々と認可!~
http://whitebay-capital.com/column/20150130.php

▽~イスカンダル最大プロジェクト「フォレスト・シティ」でコンドミニアム販売!~
http://whitebay-capital.com/column/20160123.php



開発予定地で開催された今回の式典は、事業母体であるマレーシアと中国の合弁企業、カントリー・ガーデン・パシフィックビュー(CGPV)主催。
ナジブ首相のほか、ジョホール州のイブラヒム・イスカンダル州王(スルタン)、CGPVに出資する中国の不動産開発大手カントリー・ガーデン・ホールディングス(碧桂園集団)の楊国強会長らが出席しました。


中でも大変注目されているのは、ナジブ首相により式典で発表された、同事業に対する税優遇策です!


ナジブ首相が発表した、フォレスト・シティ事業への優遇策は、以下の4項目

・開発地の免税特区化
・環境配慮型の開発業者への法人税優遇
・諸要件を満たしたサービス産業の雇用者、あるいは観光・ヘルスケア・教育の各産業に対する法人税優遇
・外国企業への無条件で税優遇策を適用


優遇税率などの詳細は明らかにされていませんが、開発期間20年、総投資額1,758億リンギ(約4兆8,514億円)を見込む大型事業の成功を、国を挙げて後押しする形となります。


ナジブ首相は、これらの優遇策は「フォレスト・シティ事業を成功させるために導入するもの」と説明。
2035年までに、金融や電子商取引など高付加価値型の産業を中心に22万人分の新規雇用も生み出される見込みだ」と指摘し、この事業がイスカンダル・マレーシア開発の大きな核となるだけでなく、マレーシア経済への波及効果にも大きな期待を示しました。


CGPVの試算では、フォレスト・シティ事業によってマレーシアの国内総生産(GDP)がなんと1,976億リンギ(約5兆4,300億円)押し上げられるといいます。


また、カントリー・ガーデン・ホールディングスのモ・ビン最高経営責任者(CEO)は、2016年末までに、早くも最初の免税ショッピングモールがオープンする予定と明らかにしています!
幅広い国際ブランドが入居し、五つ星ホテルも開業予定とのこと。


イスカンダル計画を大いに盛り上げる存在となりそうな「フォレスト・シティ」。
今後ますます目が離せませんね!


イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
6月 営業日カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7月 営業日カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top