ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.169 ~イスカンダル人口、2025年までに300万人に増加の見通し!~

2017年04月01日

不動産市況も緩やかに回復か!

不動産


イスカンダル・マレーシアの人口が2025年までに300万人に増加する見通し!


これに伴い、イスカンダル地域開発庁(IRDA)は、住宅を50万戸建設する必要があるとの見方を示しました!



現在のIDRの住宅数は約70万戸。
同地域の人口は毎年7~8%ずつ増加しており、2005年は145万人でしたが、2025年には、ほぼ倍の300万人に達するといいます!


IRDAのイスマイル・イブラヒム最高経営責任者は、「人口300万人に対応するには、計120万戸の住宅が必要」と話します。


現在、IDRでは中国企業が2万~2万5,000戸の住宅を建設しているとされ、イスマイル氏は、IDRの不動産市場は減速傾向にあるが、住宅の需要増加によってまもなく回復すると予測した。


IDRの経済成長率は、マレーシア国内の平均4.5~5%を上回っており、マレーシア人の住宅需要としては、10万~35万リンギ(約252万~882万円)の価格帯の住宅が人気となっています。


不動産の需要は高く、マレーシア国内の所得層も着実に上がっている!

不動産


先日、ジョホール州のイブラヒム・イスカンダル州王(スルタン)が、自身の生誕59周年に合わせて、州民に低価格住宅を供給するプロジェクトを発表すると、数千人の市民が登録のために詰めかけ、会場には前日から登録を待つ人も出るなど、申請書類を手にしようとする人々でごった返すという状況となりました。


このように、不動産の需要は高く、マレーシア国内の所得層も着実に上がっていることも伺えます。


外国投資の参入により一気に高騰した住宅価格を、政府が様々な形でバランスを取っている状況と言えるのではないでしょうか。


現在は減速傾向にあるジョホールバルの不動産市場ですが、今後の人口増加の見通しは大変明るいニュースとなりそうです!



▼ジョホールバル不動産に関するお問合せ
http://whitebay-capital.com/inquiry/index.php


イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
6月 営業日カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7月 営業日カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top