ジョホールバル専門の不動産(投資・移住)ホワイトベイ・キャピタル

営業時間:平日 9:30~17:30(日本時間 )

イスカンダル最新情報Property Investment Column

Vol.175 ~ラブアンが都内でセミナーを開催!~

2017年05月13日

日本からの投資促進に意気込み!

ラブアン


今月11日、オフショア金融センターの1つである、マレーシア連邦直轄領ラブアン島のラブアン国際ビジネス金融センター(ラブアンIBFC)によるセミナーが東京都内で開催されました!



テーマは、「自家保険会社(キャプティブ)を活用したリスクマネジメント」。
アジアでの設立が少ないキャプティブの概要を紹介するとともに、ラブアンの国際金融センターをPRし、日本企業によるラブアンへの投資を促しました。


セミナーでは、企業のリスク管理とキャプティブに関する専門家の講演やパネルディスカッションなどが行われました。


「自家保険会社(キャプティブ)」は、保険業を営んでいない企業が自社や自社グループ内のリスクのみを引き受けることを目的として設立する保険会社のこと。
ラブアンには2016年末時点で39社が設立されているそうです。


ラブアンIBFCのダニエル・マー・アブドゥラー最高経営責任者(CEO)は「世界全体で設立されているキャプティブ7,000社にアジアが占める比率はわずか2.3%で、アジアが秘める可能性は大きい」と展望を語りました。


国外からの企業誘致と資金確保が今後の課題!

ボルネオ島付近に位置するラブアンは1990年にタックスヘイブン(租税回避地)化され、2016年現在で銀行51行、保険会社204社、リース会社383社などが拠点を設置。
香港など他のアジアの国際金融センターに比べると規模は小さいですが、法人税が税率3%(または年間2万リンギ=約52万円の定額)で、香港やシンガポールよりも低いことなどが特長です。


ただ、ラブアンにある保険企業の被保険者の半分以上をマレーシア人が占めるなど、ラブアンの金融業がマレーシア国内に依存していることが指摘され、国外からの企業誘致と資金確保が今後の課題となっています。


ラブアンIBFCの関係者はセミナーの開催について「近年、日本の企業の間でラブアンへの関心が高まっている。まだあまり日本で知られていないキャプティブを紹介するとともに、ラブアンをPRするのが目的」と説明しています。


さまざまな切り口から、その可能性に注目されているラブアン!
ホワイトベイでは、ラブアン法人設立をワンストップでサポート致します!
ご興味のある方は、ぜひ、お気軽にご相談下さい!


▽関連記事
~ラブアン法人設立をワンストップでサポート致します!~
http://whitebay-capital.com/column/20160305.php


▼ラブアン法人設立に関するお問合せ・ご相談
http://whitebay-capital.com/inquiry/index.php


イスカンダル最新情報
Property Investment Column
不動産投資コラム ジョホールバルの魅力 おすすめ物件 移住情報 教育移住
まずはお気軽にお問合せ下さい!
ジョホールバル在住の日本人
スタッフが丁寧にお応え致します!
お問い合わせはこちら
6月 営業日カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7月 営業日カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
休業日
セミナー
スタッフブログ フェイスブック公式ページ

Page Top